生活を変えてみたら効果ありました

妊活も長期化するとしんどくなりますよね。私も2年弱続けていて、うまくいかないことが多く、悩む日々でした。そこで、体外受精を前に生活を改善していくことにしました。
まず、食生活です。体を温める根菜類を多く摂取し、逆に冷やす白砂糖を多く含むスイーツやパンは控えました。主食は、お米をとるようにし、朝食はパンからご飯へ変更しました。甘いものが食べたいときは、小豆を煮たり、サツマイモをふかしたり、自然の甘みを取るようにしました。
次に、妊娠の大敵である冷えを防ぐため、毎晩必ず半身浴をしました。湯船では冷えや妊娠に効果のある三陰交などのツボ押しや足首マッサージをして血行を促進しました。入浴後は、軽くストレッチやヨガをし、呼吸法でリラックスするようにしました。
また、運動としておすすめなのが、ウォーキングです。週末に夫婦で話しながら散歩すると一層よいです。

妊活中は夫婦仲が良いことが大前提だと思います。治療のことや子供が生まれたらやりたいことなど語り合いながら歩く時間は、ストレス解消にもなり、主人もより治療に前向きになりました。ウォーキングでなくても夫婦の会話を大切にしてほしいです。
体外受精へ進む2か月前から生活を変え始め、2回目の移植で妊娠しました。うまくいかないときは少し自分の生活を振り返るのもいいと思います。