リウマチが原因で関節に起こる症状

リウマチが原因で関節に起こる症状にはたくさんの種類があります。もし関節に違和感や痛みがあった場合下記のものと症状が合致する場合はそれはリウマチが原因であることが考えられます。

①関節水腫

関節の中に液がたくさん溜まる渋滞の事でこれは関節に炎症が起きているときに発症します。これは関節水腫と呼ばれています。この関節水腫がひざの関節に発症すると、ひざの裏が袋のように腫れあがり、ひざのお皿周辺が腫れることがあります。

②滑液包炎

滑液包炎とは、関節の周りにある関節の摩擦を軽減するゼリー状の液体がある袋状の組織、滑液包が炎症を起こした時の症状です。滑液包に炎症が起こると、滑液が滑液包にたまり、腫れ、痛みを伴います。足関節やひじ、ひざに滑液包炎の症状がよく見られます。

③腱鞘炎

腱鞘または腱に炎症が起きた場合、指などの動きが腫れにより悪化します。このような症状はばね指と呼ばれ、これは腱が炎症により腫れたことで腱鞘の中を引っかかって動くことでばねのように指が動くことから名付けられました。

睡眠導入剤の市販はこちら