アスタキサンチンの効果とサプリメントで摂取する利点について

年をとっても若々しくありたいという時は、アスタキサンチンを摂取するといいと言われています。

 

生活習慣病の予防、肌やダイエットなど美容効果も期待できる成分であるためサプリメント商品としても人気があります。βカロテンや、ビタミンEも抗酸化力の高さで知られていますが、アスタキサンチンの場合は、細胞膜の内部に作用するという性質があります。

アスタキサンチンは細胞膜を突破する性質があるため、目や、脳の老化予防にも効果があり、目の疲れや、認知症対策にも注目されています。一日にアスタキサンチンを3~6mg摂取することが推奨されていますが、エビ10匹、紅ジャケ2切れが大体の量であるとされています。紅ザケも、エビも、意図すれば継続的に摂取できる食材ではありますが、毎日紅ジャケを2切れずつ食べていたら、塩分オーバーになってしまいます。しょっぱいものばかり食べていると、高血圧の原因になります。

魚介類を料理して食べるとなると、醤油を使用することも多くなり、塩分の摂取量が増えてしまいがちです。サプリメントでアスタキサンチンを摂取するメリットは、アスタキサンチンだけを手軽に補給できることにあります。アスタキサンチンは、体内に取り入れてから効果を発揮するまでに7時間ほど必要なので、朝と夜にサプリメントを飲むようにするといいでしょう。朝晩にアスタキサンチンのサプリメントを飲むこと、食事の最中か食後に飲む習慣をつけることで、効果を引き出しやすくなります。

アスタキサンチンは水に溶けず、油分に溶け出す性質がある成分ですので、食事をしている時や、食事が終わってすぐの摂取がおすすめのタイミングです。