睡眠障害の意外な原因

最近、睡眠障害のについて調べていたら意外な病気が原因で睡眠障害になってしまうことがわかったのでその報告をと思い今日は記事を書いています。

その意外な病気とはむずむず脚症候群という別名ウィリス・エクボム病と呼ばれる脚がむずむずして、周りの事に手がつかなくなってしまう病気である。  

まぁむずむず脚症候群といってもその根本の原因はむずむずしてしまう脚にあるわけではないのだが。

意外なことにその根本の原因は脳にあるのだ。

そんなむずむず脚症候群は以前はあまり世間での認知度は低く、そのための治療には健康保険は適用されていなかった。

だが2010年に政府がむずむず脚症候群を正式に病気として認め、むずむず脚症候群の治療薬の製造販売を認可してからは、保険適用の病気として国が正式に認めたのだ。

それまでむずむず脚症候群に悩まされていた人々は周りにその事を話しても理解されることがなく苦しんだという。

だが、こうして正式に病気として認められることにより、周囲の理解を得やすくなり患者の精神的負担もかなり減ったことだろう。