リウマチの検査法

リウマチの検査ではどのようなことが行われるのでしょうか?リウマチの検査では尿検査や血液検査、X線検査などを行います。

 

血液検査では血沈と呼ばれる項目があり、血沈では試験管の中を血液の中の赤血球がある時間内において沈んでいく速度を調査します。(赤沈、赤血球沈降速度)これにより、リウマチの活動性をどれほどの炎症が起きているかを基準に検査できます。

 

通常、正常の男性が60分で10mmより低く、女性だと20mm以下です。この数値が高くなればなるほどリウマチが悪化していきます。続いてCRPの値を調べます。このCRPはリウマチにより引き起こされた関節炎の程度を調べるためのもので正常の人の値はo.3mg/dlより低く、リウマチによる炎症が悪化すると、10mg/dlより高くなることがあります。

 

リウマチの早期発見、早期治療によりこれらの数値が低いうちにリウマチの症状を対処することができます。寛解に到達するためにも人間ドッグを始めとする健康診断を定期的に受信することをおすすめします。

リウマチの治療についての情報はここ