リウマチの検査と診断

リウマチの検査主に超音波検査とCT検査についての説明とリウマチの診断方法について書きたいと思います。

まず、リウマチの早期診断では関節超音波検査という検査を行います。

 

これは各関節がリウマチによりどれぐらいの炎症を起こしているかを検査するために行われます。次にCT検査ですが、この検査により、間質性肺炎を起こしているか、大腿骨頭は病変していないか、頸椎は病変していないかなどを調べることができます。

 

最後にMRI検査では、骨の中でどのぐらいの炎症が起きているか、骨膜はどのぐらい増殖しているかなどをチェックすることができます。

次に診断方法ですが、リウマチの診断はその症状や検査の値を参考に総合的な診断を行います。主に血液検査やX線検査の検査の値を基に行われます。

 

近頃では、アメリカにあるリウマチ学会とヨーロッパにあるリウマチ学会の基準を利用しています。これはリウマチの早期診断を目指してのことです。リウマチは質の良い睡眠が重要です。睡眠導入剤のおすすめはこちらですので試してみて下さい!