住宅ローンの乗り換え体験談

私の家は築7年でローンがあと23年残っています。

当初の予定より返済が厳しくなっていたところ、住宅ローンの借り換えを考えるようになりました。それから1年かけて住宅ローンの乗り換えを検討して実際に乗り換えた経験から少し話をしようと思います。

 

 

借り換えをして、住宅ローンの金利をより低くすることができれば、月々の返済かやりやすくなります。住宅ローンの返済を始めてからあまり年数が経過していない人なら、借り換えで得をするかもしれません。

金利の低いローンに借り換えたことで、利息の差分がどのくらい発生するのかを検討した上で、借り換えをししまょう。どういう場合にメリットが発生するのかをしっかり確認しておく必要があります。

 

 

最初にすべきことは、現在のまま住宅ローンの返済をした時と、借り換えた場合とで必要な返済総額の試算です。

金利1%程度の差であったとしても、返済総額を計算してみると、数百万円になるようなケースも少なくありません。そのため、返済残高が多ければ多いほど、借り換えによって利息を小さく抑えることができるという仕組みになっています。

 

返済残高がたくさん残っているほど、金利によって生じる利息が増えますので、残高がどのくらいかが、判断の分かれ目になります。

住宅ローンの借り換えで必要な検討材料に、返済し終わるまでの年数が何年かがあります。これも残高と同じで返済期間が長いほど利息は高くなるため、返済期間がたくさん残っている方がよりメリットが大きくなります。

 

住宅ローンを借り換えるということになると、検討しなければならないことも増えますし、手続きも煩雑な面がありますが、うまくいけば返済負担を一気に軽減することができますので、調べてみるといいでしょう。住宅ローンが減額されたお金でHMBサプリを摂取することを考えてはいかがでしょうか?HMBサプリならメタルマッスルHMBの口コミは必見ですのでぜひ参考に!