問題になっていること

高松空港で緊急着陸してからというもの、世界でその運行が見合わせられているボーイング787ですが、問題になっているのはリチウムバッテリーということでした。このリチウムバッテリーっていうのは今までの電池に比べて、扱いが非常に難しいということで、間違った使い方や設計などの問題があればそれがそのままリチウム電池の熱暴走というものにつながってしまうために、そもそも導入の段階から危惧されていたことではあったようです。そんなリチウムバッテリーですが、最終的には熱暴走が起きたのではないかということで、その後の調査が続けられているようですが、リチウムバッテリー自体の設計においてミスがあったのではないかということが可能性として疑われているようです。今までは設計のミスについては否定してきていたボーイング社ですが、もう一度検証してみる可能性があるとして、今後の調査の結果が待たれるところではありますよね。設計は正しかったのでしょうか?ミュゼ 市川